プライムイングリッシュ

音声変化(リエゾン)をマスターする方法とは?

『プライムイングリッシュ』の教材では、「音声変化(リエゾン)」を効率よくマスターするために3つのメソッドが用意されています。

 

 

Prime Englishの3つのメソッド

1、音声変化表記とカタカナ表記
2、サンドウィッチリスニングシステム
3、3ステップスピーキングシステム

 

1、音声変化表記とカタカナ表記

 

『プライムイングリッシュ』のテキストは、音声変化する箇所が「記号、色付け、発音表記」してあります。だから、初めてでも英会話のどの部分がどのように変化をしているかがわかるようになってます。

 

 

音声変化がわかると、どんな発音をしているのかがわかります。すると、何を言っているのが理解しやすくなるんです。

 

そもそも、言葉って単語の組み合わせです。単語の意味がわからないとしたら、何を言っているのかさっぱりわかりませんが、単語の意味がわかればちゃんと意味がわかるようになります。

 

しかし、

 

ネイティブの発音を実際に自分で発音できなければ意味がありません。

 

これを補うための仕組みが

 

「2、サンドウィッチリスニングシステム」と「3、3ステップスピーキングシステム」

 

です。

 

2、サンドウィッチリスニングシステム

 

サンドウィッチリスニングシステムは、「音声変化(リエゾン)」に慣れるためのトレーニングです。

 

これは、3つのステップから成り立っています。

 

Step1 音を経験する 
    音声変化がゆっくりの英会話を意識的に聞く(聞き流すのではない)

 

Step2 音を馴染ませる
    実際に自分で発音し馴染ませる

 

Step3 音を定着させる
    ナチュラルスピードでも聞きやすくなる

 

最初はゆっくりした発音で音声が流れます。なので、どのような発音をしているのかが丸わかりになります。

 

Step1では、聞き流すのではなく、意識的に聞きます。意識的に聞くことで、音の定着率が格段に上がります。

 

Step2では、Step1の音を実際に発音します。この時、カタカナ表記を見ながら発音をすれば、いいんです。

 

 

実はここで発音をすることに大きな意味があります。

 

発音をできるようになること⇒英語を聞き取りやすくなること

 

につながるためです。

 

Step3ではナチュラルスピードの英語を聞きます。Step1と2で英語の音が馴染んでいるためにスピードが速くなった時に音声変化(リエゾンに耳が慣れているために、ナチュラルスピードでも音が聞き取りやすくなります。

 

3、3ステップスピーキングシステム

 

3ステップスピーキングシステは、実際に音声変化(リエゾン)の英語を話すためのトレーニングです。

 

これも、3つのステップから成り立っています。

 

Step1 まねる
    日本語⇒英語⇒「英語をまねる」

 

Step2 試す
    日本語⇒「日本語を聞いて英語を発音」⇒英語⇒「自分のしゃべった英語との差を確認」

 

Step3 実践する(なりきりトーキング)
    「会話の実践(会話の登場人物になりきって発音する)」

 

この3つをやることで、

 

「音声変化(リエゾン)がわからない」⇒「音声変化(リエゾン)を理解し使える」

 

に変えていきます。

 

確かに、このように自分で実際に音声変化(リエゾン)を聞き取れなかったり、発音できなければ意味がありませんからね。

 

『プライムイングリッシュ』では

 

「アウトプットトレーニングを十分にすることで、自然に口から英語のフレーズが出てくるレベルにまで引き上げる」

 

ように考えられているんです。

 

音声CDの収録内容