プライムイングリッシュ

聞き流し英語で話せない理由とは?

英語教材で聞き流し英語というものがあります。

 

いわゆる「聞くだけで英語が話せるようになる」という教材です。

 

これに飛びついた人は多いのではないでしょうか?

 

通勤や通学の途中や暇な時間に聞いているだけで、英語がマスターできたら楽ちんですからねぇ。

 

実際にやってみてどうだったか、・・・・・私の場合は全く効果がありませんでしたね。かなり長い間続けたんですけど。

 

ただ、話せるようになってる人もいるようなので、個人差があるのかもしれませんが…。

 

実は英語の聞き流しで英語がマスターできない理由があるんです。

 

それは、「音声変化(リエゾン)」です。

 

私達が学校で学ぶ英語っていわゆるきれいな発音の英語なんです。最近では、ネィティブの先生が英語の先生であることもありますが、やはりきれいな発音で教えてます。

 

しかし、実際に一般的なネイティブの人が話す英語は、きれいな英語ではありません。自分がしゃべりやすいように微妙に音を変化させているんです。

 

例えば、

 

「Next day」 

 

これを日本人なら、「ネクストデイ」と発音します。間違ってないし、意味は通じます。しかし、ネイティブの人はまどろっこしいので「ネクスデイ」と発音をします。

 

「Get it」 

 

こちらはどうでしょう。発音は「ゲットイト」ですよね。しかし、ネイティブの人は、「ゲレッ」です。

 

このように、ネイティブの英語は、音を一部省略してしまったり、音そのもの自体を変えて発音をしてるんです。

 

これは、英語特有のものではありません。日本語でも同じです。

 

言語って、より簡単に省略して使われたり、変えられて使われていくものなのです。

 

だから、日本人がいくら学校できれいな英語の発音を習っても、実際にネイティブが普通に使っている英語を聞くと、

 

「あれれ、何を言っているのかまったくわからない」ということが、ちょくちょく出てきてしまうんです。

 

 

結果的に、ネイティブの英語がほとんど聞き取れないということになります。

 

ネイティブの発音が聞き取れないのですから、当然、ネイティブのような発音でしゃべることができません。だって自分が聞き取れない音を出せるわけがないのですから。

 

では、

 

「どうすればネイティブの英語を聞き取れて、ネイティブのように話せるのか?」

 

それは、「音声変化(リエゾン)」のルールを理解して実際に実践できるように練習してマスターすることです。

 

「音声変化(リエゾン)」をマスターすると、英語の聞き取り能力がパワーアップするので、今まで何度聞いてもわからなかったフレーズが「わかった!!」に変わるんです。

 

ただ、どうやってマスターすればいいのか?

 

それは、『プライムイングリッシュ(Prime English)』の中で教えてくれています。

 

「音声変化(リエゾン)」をマスターする方法とは?